顔汗 病気

顔汗が主な症状として挙げられる病気には、どんな病気がある?

 

 

まず、一般的には多汗症が疑われます。多汗症と言っても、全身(全身性多汗症)のものから、局所(局所多汗症)のものがあります。顔汗だけが酷い場合は、”顔面多汗症”と言います。

 

”顔面多汗症”の発汗には、体温を下げるための”温熱性発汗”と、緊張・興奮で起こる”精神性発汗”、刺激物を摂取した時に起こる”味覚性発汗”があります。

 

多汗症が何故起こるのか?

交感神経が失調することが主な原因であると言われています。
体温とは関係無く汗が過剰に放出される、身体機能の低下によって起こる病的な発汗を言います。
しかし病気だと認識せず、ただの”人一倍汗っかきなだけ”だと思い込み、治療をしない人が多くいます。

 

多汗症は、先天性のものと後天性のもので分類できます。先天性のものは原発性多汗症と言い、思春期前から思春期間に発症します。人生の中で、いつでも発症する可能性があるのは、続発性多汗症と言い、甲状腺や下垂体の疾患や真性糖尿病・痛風・更年期などが原因で発症すると考えられています。

 

顔汗が1つの症状である身近な病気

  • 更年期障害
  • 更年期障害は、性成熟期〜生殖不能期へ移り変わる、45〜55歳頃に訪れると言われています。
    原因は、加齢に伴う卵巣機能の低下で女性ホルモンが減少し、自律神経に影響を及ぼす事だと言われています。このことから、自律神経失調症状と精神症状などがみられます。

     

    更年期障害の代表的な症状は、顔ののぼせやほてり・発汗などです。1年程で治まる人もいれば、数年という長期間続く人もいます。しかし、治療を必要とする人は4人に1人程だと言われています。

 

異常な汗には要注意!意外な病気が潜んでいるかも

 

顔汗と、異常な全身の汗のかき具合いから、意外な病気が発覚する場合があります。

 

  • 甲状腺機能亢進症…甲状腺ホルモンが過剰分泌される病気(バセドー病など)
  • 症状は、全身の代謝が高まる事で大量の汗をかき、動悸・息切れや体重の減少、イライラなどがあります。

     

  • 自律神経失調症…自律神経のバランスが乱れ、体に不調があらわれる病気
  • 症状は、自律神経の乱れによって、汗が異常にでやすくなります。

     

 

その他にも、顔の片側だけ汗をかく場合は、”大動脈瘤”や”縦隔腫瘍”を疑いましょう。この病気の場合は、交感神経が刺激されることによって、顔の発汗が異常に起こってしまうといった症状があります。