顔 制汗剤

顔汗に困るのは夏だけではありません 冬の寒い時期の顔汗

顔汗を夏の暑い時期だけのものと思っていませんか?
いいえ、冬は冬で顔汗が目立つんです。

 

冬になると必然的に厚着を強いられる事が多々あります。
外の寒気に当っていれば顔汗の心配は無用ですが…。

 

朝の通勤ラッシュなんて特に暖房が効き、皆が厚着をしている上に、人と人が密着しているせいで夏以上にムンムンしています。

 

車内が暖房と人の熱気で暑い…、でも、コートは脱げない。
そうなると、顔汗が激しく出始めて、化粧は崩れ、顔が恥ずかしい位にテカリ出してしまいます。
周りからは、『冬なのに汗かいて大丈夫?』なんて思われていそう…。

 

それに、電車の中だけでは無く、社内でも、外食先のお店でも、至る所で暖房が効いています。
長居する場所での暖房は、コート一枚脱いだ所で顔汗の原因には変わりありません。
かと言って、自分1人のために温度を下げる事は出来ませんし、顔汗を抑えるために頻繁に外の寒気に当たるのも無理ですよね…。

 

そうなると、なんとかして顔汗が出るのを防ぐ他方法がありません。

 

ではどんな対策法があるのか、寒い時期にできる顔汗対策方を解説していきます。

 

薄着

薄着をすれば済むのか?!と思いますが、寒いのに薄着をしては逆に目立ってしまうし、変に思われてしまいます。

 

社内でのデスクワークならば多少の薄着は出来ますが、エアコンの風が顔にあたることが顔汗の原因ですから、薄着で顔汗を対策することは難しいでしょう。

 

汗ふきシート

仕事中などの外出中に便利なのが汗ふきシート。
最近はアルコール成分が含まれていない物も多くなって、肌への刺激も心配なくなりました。
しかし、汗ふきシートを使ったことがある方ならわかると思いますが、カピカピになるし見た目もテカりが出てしまいます。

 

汗ふきシートのテカリは洗顔すれば取れますが、それだったらそもそも汗ふきシートを使わずに洗顔すればいいということになってしまいますよね。

 

汗ふきシートは一時しのぎに使うのであれば便利かもしれませんが、常時使う場合はテカることを覚悟しなくてはなりません。

 

デスクワークの場合は室温を下げる

いちばん効果的なのはエアコンの温度を下げることですが、多くの社員が同じフロアで仕事をしている場合は勝手に温度を調整できない場合もありますから現実的ではないかもしれませんね。

 

デスクワークに限りますが、卓上扇風機を机に置いて顔に風があたるようにするという小技は効果大です。

 

まとめ

冬の顔汗の原因は暖房が主な原因です。
暖房の設定温度を下げればすべて解決ですが、電車の社内や仕事場は自分の都合で設定温度をいじることができないので自分で対策するしかないという不都合が生じるわけですね。

 

女性の場合、顔汗でメイクが崩れてしまいますから男性よりも悩みは深刻でしょう。
メイク前に塗布することで1日顔汗を抑えてくれる顔用制汗剤もありますから、メイクが崩れるほど顔汗が酷いという方は使用してみると良いでしょう。

 

>> 顔汗用制汗剤

 

関連ページ

  • 冷え性なのに冬でも顔汗が吹き出ます・・・
  • 質問メールへの回答です。
    デスクワークで顔汗に悩んでいるという方は共感できるのでは?

     

  • 顔汗用汗ふきシート
  • コンビニでも買える汗ふきシートはやはり顔汗対策グッズとして根強い人気がありますね。
    人気の汗ふきシートの成分等をまとめていますので是非参考にしてみてください。