顔汗の原因(汗の量に個人差がある理由)

顔汗の原因(汗の量に個人差がある理由)

 

顔汗の原因は様々ですが、顔だけに異常な程汗をかく人は、何かしらの健康上の問題があるのでしょうか?
全身ではなく、顔だけに異常な汗をかくのは、どんな理由があるのか、顔汗の原因について紹介します。

 

顔汗の原因には、運動不足が考えられる

基本的に、汗というのは全身から出るのが正常な状態だと言えます。
顔だけに汗をかく場合の一つの原因として考えられるのが、『運動不足』です。
日常生活で運動する機会が少ない場合、熱の発生が極端に少なくなり、汗を分泌する機会が少なくなります。

 

発汗が何故起るのかというと体温調節をするためです。また、体温が上がりすぎた時の脳細胞のダメージを抑える役割もあります。
汗を分泌する機会が少なくなるということは、下半身や腕などの心臓から離れた部位が冷えやすくなり、汗腺が通常の機能を果たさなくなります。冷えると汗腺は休眠状態になり、汗を分泌する事がなくなります。すると、動きの多い顔の汗腺が働き、顔の汗だけが増えてしまう結果となるのです。

 

ストレッチやエクササイズなど、体温をあげる動きを習慣付け、運動不足を解消する事で顔汗が解決できるかもしれません。
激しい運動まではする必要ありませんが、ある程度の汗をかく動きを日々心掛けると良いでしょう。

 

顔の汗…ベタつきの原因は?

顔の汗は、全身の汗に比べてベタつきがあります。顔汗を気にする人の中には、このベタつきが嫌だと言う人が多いと思います。では、この顔の汗のベタつきが何故起こるのかを説明します。

 

体温調節のための汗を分泌しているのが”エクリン腺”と言われる汗腺です。エクリン腺は、全身に約3000万個、分布密度が1平方メートル辺り130〜600個と言われています。エクリン腺が存在しない場所は陰部や唇などです。
しかし、これだけのエクリン腺があるにも関わらず、実際に機能しているのは半分程度なんだそうです。
そんなエクリン腺の体温調節の働きには、ただ発汗させるだけではなく、汗をサラサラにすると言う特徴があるんです。

 

体温が上昇すると、汗腺は血液から赤血球・白血球・血小板を含まない”血漿”と言う液体を汲み出し、オーバーヒートを防ぎます。しかし、血漿にはミネラルも含まれているため、そのまま汗として体外に出してしまうと、体内に必要なミネラルまで捨ててしまう事になります。ですから、汗腺は血漿からミネラルだけを再吸収して血液に戻し、わずかな塩分と水分をサラサラな汗として分泌します。このサラサラの汗は、蒸発がしやすくベタつきもありません。これが正常な機能を果たした発汗作用の汗と言うことになります。

 

しかし、汗腺の機能が衰えていると、肝心なミネラルを再吸収し血液に戻すことができず、結果、ミネラル混じりの汗が分泌され、蒸発しにくいベタベタの汗が分泌されてしまうんです。
顔ばかりに汗を異常にかく人は、汗腺の機能が衰えていると考えられます。

 

精神的な顔からの汗の原因は?

上記では、体温調節のための汗腺について説明しましたが、緊張した時や精神的なダメージで顔に異常な汗をかいてしまう人もいるかと思います。これは、交感神経が刺激されることで発汗する”精神性発汗”と言います。この場合でも、サラサラの汗ではなく、ベタつきのある汗が出てきます。原因は、突発的に発汗作用が起こることで、再吸収が間に合わず、結果、ベタベタの汗になってしまうんです。

 

顔汗の原因には、多汗症の疑いも!

発汗の生理現象として、暑い時や運動後の体温が上昇している時、辛いものを摂取した時、緊張した時などがあげられます。しかし、この様な状況ではないにも関わらず、常に顔が汗ばんでいたり、緊張した時に尋常じゃない程の汗をかく場合は、『顔面多汗症』が疑われます。
しかし、原因については未だハッキリとした解明がされておらず、1つの原因として考えられるのは交感神経が活発になりすぎていることが考えられています。
日常生活に支障が出るほどの顔汗の場合、治療が必要かもしれませんので、一度病院で診てもらうと良いかもしれません。