制汗スプレー 顔

制汗スプレーの8×4は顔汗にも使えるのか

 

制汗、デオドラントスプレーといったらエイトフォーですよね。
主に匂い対策として有名ですが、制汗効果もあるスプレーです。

 

そんなエイトフォーについて、ときどきQ&Aサイトで「顔汗にも使えますか?」という質問があります。
毎年夏になると出てくる質問なので、疑問に思っている方はそれなりにいるのかなと思います。

 

エイトフォーはボディ用の制汗スプレーということはわかっていますし、顔に使わないでくださいという注意書きがあるので顔には使ったことがありませんが、たしかに顔に吹きかけた場合に汗が止まるのかは興味があります。

 

ヒヤッとしますし、体に制汗効果があるのなら顔にも効果があるはずですからね。

 

エイトフォーの制汗効果とは

今回使う「8x4メン デオドラントスプレー」の配合成分を調べてみると、クロルヒドロキシアルミニウムが制汗効果がある成分ということがわかりました。
クロルヒドロキシアルミニウムは医薬部外品であり、医薬部外品は効果効能を厚生労働省に認められている成分ですので効果を期待することはできそうです。

全成分
クロルヒドロキシアルミニウム*、酸化亜鉛混合物V*、緑茶乾留
エキス*、イソプロピルメチルフェノール*、LPG、イソペンタン、ミリスチン酸イソプロピル、シクロジメチコン、シリコン被覆タルク、タルク、イソステアリルアルコール、セリサイト、ヒドロキシアパタイト、POE・ジメチコン共重合体、メントール、メンチルグリセリルエーテル、無水エタノール、BHT、香料
*は「有効成分」無表示は「その他の成分」

 

実際に顔にスプレーしてみました

今回使ったのはエイトフォーの中でも冷却効果の高そうな「メンズパワープロテクト」という黒い缶です。
このページ上部の写真でスプレー缶に貼られている、「ひんやり速冷感-10℃」というキャッチコピーに惹かれて購入しました。

 

字が小さくて見にくい写真ですが、顔には使わないでくださいと注意書きがされています。

 

 

これはわかっていた上での実験なので、無視して目を閉じて顔に直接スプレーしてみました。

 

スプレーしてまず感じたのは、目が沁みて痛いということ。
これがなかなかの痛さです。
なるほど顔に使っては駄目というのも納得できましたが、その状態で出勤しました。

 

それ以外はこの時点では特に不快な点もなく、スプレータイプ特有のベタつきや吹き付けた部分が白くなることもありませんでした。

 

 

私はデスクワークが主な仕事に就いているのですが、エアコンがきいたオフィスでも午前中の時点で顔汗が吹き出て鼻や目のまわりがテカってしまうほどの汗っかきです。

 

この日、出勤前にエイトフォーを顔に吹きかけてから念のため職場にスプレーを持っていきました。

 

 

午前中の時点で不快感が

午前中というか、始業時間直後で既に不快感がありました。
どんな不快感かというと、エイトフォーに含まれるなにかの成分と汗が混じってベタつきが酷いのです。

 

スプレーした直後はパウダー感というかサラサラ感があって気持ちいいのですが、これが汗と混じるとベタつきの原因となってしまうという感じです。

 

念のために職場に持って行ったエイトフォーですが、あまりにベタつきが不快でしたのでそれ以降は顔には使いませんでした。

 

 

汗臭さの原因となる首や耳の後ろにも使いました

汗臭さへの効果に関して言えば、これは満足できる効果を得られました。
ですが、顔と同じく汗が出てくるとベタつくのでその都度拭き取る必要があります。

 

汗の量が顔と比べて少ない胸や腕に使うには良い商品だと思います。

 

 

まとめ

要点をまとめると、エイトフォーを顔に使った感想は以下の3点です。

エイトフォーを注意書きを無視して顔に使ってみたが、汗と混じってベタつきが酷い。

制汗効果は、顔などの発汗量が多い部位には効果が薄いと感じた。

体臭を抑えるデオドラント効果は、スプレーして1時間くらい効果を感じた。

 

エイトフォーは知名度が高く、ドラッグストアやコンビニで手に入る便利さはありますが、こと顔汗を止める効果はやはりありませんでした。

 

顔汗は顔汗用に開発された物を使うべきですね。

 

 

 

「制汗スプレー8×4(エイトフォー)は顔汗にも効果がある?」 その他の関連トピック

額の生え際の汗のせいでメイクが台無しに・・・
顔用の制汗剤は男も使えないの?