顔汗

外回り中いつのまにかメイクが剥がれ落ちてる・・

 

夏になると汗をかくため、とても憂鬱な気分になります。特に私の天敵は顔汗です。
家から駅まで10分ほど歩き、駅に着き止まった瞬間に顔汗がわき出てきます。

 

蒸している日などは最悪です・・・・汗が噴き出て、ひどいときには流れてきます。
やばい、恥ずかしいしどうしようといった気持ちになるとさらに汗が止まらなくなります。
周りから見られているんではないかとか、あの人汗かきすぎて気持ち悪いとか思われたら
嫌だなという思いがさらなる顔汗の原因になるのです。

 

時間をかけてせっかくした化粧も落ちてしまい朝から何もかもが最悪です。
対策としていろいろなことをしてきました。水分をあまり取らないようにしたり、
汗をかきにくいというジェルを買って試してみたり。
しかしどれも効果はなく、顔汗がでてきてしまうのです。

 

そこで必需品なのがタオルです。何をしてもだめだと思い、少し厚手のタオルを持ち歩き、
顔汗がひどくなる前にタオルで汗をこまめに拭くことを実践しました。
気持ち的な問題もあるのかもしれませんが、タオルで軽く抑えるだけでしばらくの間、
汗が止まるのです。

 

擦るようにふいては化粧が落ちてしまうので軽く抑えるだけです。
本当に単純なのですが、タオルがあるから大丈夫という安心感が生まれるのです。
こまめに拭くので周りにも汗が流れているのを見られることもありません。
汗をかくのは生理的なことですし、体にとっても大切なことだとは分かっているのですが、
やはり恥ずかしいという気持ちが先走ってしまうのです。
しかし、気持ちの問題もあるのではないかと思います。
気休めなこともあるかもしれませんが、何事も試してみる価値はあるのだと実感しました。