顔 多汗症 制汗剤

MENU

顔だけ多汗症になることはある?

 

汗というのはそもそも運動したときや気温が暑いときに体温を下げるために出るものです。
そして、発汗は全身から出るのが正常な状態ですが、発汗が顔に集中するという方も最近は少なくありません。

 

顔だけに発汗が集中すると多汗症などの疾患を疑う人もおられるかもしれませんね。

 

汗がネバネバしていませんか?

ここでは、顔に集中する発汗の原因と改善方法について特集しています。

 

まず、顔から出る汗が通常の汗に比べて粘り気がある場合。
粘り気と言ってもわかりづらいかもしれませんが、学生時代に運動してかいていた汗はサラサラで臭いもなかったと思います。これは、体全体で汗をかけているため正常な濃度の汗だからなのです。

 

長時間デスクワークをするような仕事に就いている方に多いですが、運動不足の状態が続くと手足などの末端部分の汗腺が正常に機能しなくなっています。
この状態が長期間続くと、正常に機能しなくなるばかりか休眠状態になってしまうのです。

 

それでも自律神経は体温を下げるため汗を出すよう身体に命令を出します。
汗腺が休眠状態で汗を出すことができなくなった分、顔に集中して出てくるのです。

 

このとき顔から出る汗は、全身で出なかった分濃く、通常の汗よりも粘り気と臭いが強めなのが特徴です。

 

この粘り気がある汗の場合は病気の可能性は低く、運動不足が原因ですから運動で汗をかいて休眠した汗腺の働きを復活させることが最善ですが、デスクワークが多い方はなかなか運動する時間をとれないのが実情かと思います。

 

そこでおすすめなのがぬるめのお風呂に長時間入ること。
ぬるめに長時間入るというのがミソで、熱いお湯に短時間入るよりも汗がたくさん出ます。
お湯の温度は35度くらいで、バスソルトを入れると発汗作用が増して効果的ですよ♪

 

これを毎日続けることで、手足などの末端部分の汗腺の働きが活発になり、正常な状態になります。
全身で汗をかけるようになれば顔だけ汗が多いということは無くなるということですね。

 

吹き出る顔汗を止める制汗剤
汗が皮膚に付着してしまうと、汗ふきシート等で拭いてもテッカテカになってしまいますよね。
このテカりは皮脂が分泌されているせいなのですが、この汗を止める制汗クリームは出てくる汗に吸着して流れないようにしてくれるのでサラサラ肌をキープしてくれます。

 

塗るのは朝だけ1日キープ<汗を40%減少>http://salafe.com/

 

 

 

汗がサラサラで大量に出る場合

 

顔の多汗症のほとんどは上記に挙げた運動不足が原因ですが、『顔面多汗症』という病気のケースもありますから注意が必要です。

 

顔面多汗症の特徴は、出てくる汗が運動不足の場合とはちがいサラサラな点。
そして臭いもしない点 です。

 

この場合は病気なので制汗クリームなどで改善できるものではありません。
適切な治療法を医師に相談しましょう。

 

顔面多汗症の治療方法

顔面多汗症の場合、どこに診てもらったらいいのか迷う方も少なくないでしょう。
主な治療方法は3種類ありますので、治療方法によってどこに行ったらいいのかまとめていますので是非参考にされてください。

 

  • 内服・投薬治療を希望する場合→皮膚科
  • ブロック療法を希望する場合→麻酔科(できる施設は少数)
  • 交感神経切断など手術希望→外科・胸部外科・麻酔科など

 

手術を希望するほど悩みが深い場合は、まずは多汗症にも対応している皮膚科を受診して医師に判断を仰ぐのが最善だと思います。

 

お住まいの地域で探してみてくださいね。